多摩美術大学演劇部、通称タマゲキ。 2005年4月に旗揚げ公演「理容室オーロラ」から始まり、今年で六年目を迎えます。
タマゲキは主に役者・脚本/演出・舞台監督・衣装・舞台美術・音響・照明・宣伝美術・Web・制作の10部署から構成されており、
部員の多数が複数の部署にわたって活躍しています。

●部署紹介

部署名 内容・紹介
●役者
こんにちは!役者を募集中です。舞台に立ちたい方、夢を目指す方、役を演じたい方、熱中したい方、目立ちたい方、元気になりたい方、はじけたい方、
発散したい方、不満をぶちまけたい方、さらけ出したい方、ドン引きされたい方、気持ち悪い方、気持ち良い方、輝きたい方、イケメンな方、ブサメンな方、
フツーな方、エロスな方、人には言えないことを言いたい方、ぼっちな方、壊れたい方、溜め込んでいた方、出したい方、批評したい方、非難されたい方、
とにかく楽しみたい方、殿方、奥方、経験ある方、経験ない方、人間の方、何方でも御越しください。待ってます!来てください、お願いします!
●脚本
今、伝えたいことがありますか?それはどんな物語ですか?
その気持ち、あなたの言葉で紡いでみませんか。
●演出
役者の采配、演技指導、衣装や場面に合った照明や音響の演出構想・・・・
舞台をつくる軸となり、誰よりも舞台のことを考え、誰よりも舞台のことに厳しく向き合う部署です。
最も過酷であり、しかしもっともやりがいのある、劇に一番親身な立ち位置を望むなら是非。
●舞台監督
部署の繋ぎとなり、進行をスムーズにするために動くお仕事です。公演までに定期的に行うミーティングの進行をしたり、当日のスケジュールを決め、
進行します。すべての部署の人と関わるので、舞台全体のことが把握できます。
●舞台美術
ぶ 舞台が無ければ劇は始まらない!!
た 頼まれたら車だって工場だって作っちゃう!?
び 美大生の技を活かしたいなら、“ぶたび”へようこそ!!
●衣装
主に衣装制作と役者の化粧を担当。脚本を読み込み、世界観やキャラクター、役者のイメージにあわせた物を作り上げていきます。
不器用でも、やる気と熱意でカバー!!脚本、演出さんがOKをだせばいくらでも自分の趣味を織り込めるのが楽しいところです。
●音響
音で舞台の雰囲気をつくりだす仕事です。効果音、BGM、エンディング、客入れ時の曲などを選曲し、当日は機材を使ってタイミングをみながら曲を流します。
歌が入っていない曲が好きな人にはとても楽しい仕事です。
●照明
照明は本番の操作はもちろん、演出の望む舞台にするために、照明を入れるタイミングや色のプランを決め、機材の設置をする部署です。
目立たないけど、無くてはならない存在。っていうのが快感な人にオススメ!
●宣伝美術
芝居のフライヤー(宣伝チラシ)や当日のパンフレット、チケットなど観劇までに一般の方が目にする殆どのものを作る部署です。 お芝居を人に宣伝するとても
大事な役割なので、 見る人に興味をもってもらえるような、想像力をかきたてるデザインを心がけています
美大に入学した皆様にはとてもやり甲斐のある部署だと思います!是非!
●制作
制作は、舞台がスムーズに進行できるようにお手伝いする役職です。チケットの管理、校内へのチラシ張り、また、招待状を他の劇団や学校へ送付します。
公演当日は、客席の整備や受付対応、公演中の案内や、アンケートを準備・集計します。
●Web
Webサイトを通して部の活動内容を広くアピールしてゆきます。部のWeb制作はもちろんのこと、自身のWebページを作る際にも活かせるので
とても勉強になります。